HOME > Blog > 5ページ目

Blog 5ページ目

10月のお知らせです!

10月のお知らせです!

10月のお知らせです!


Re:Birth hair からのお知らせです[exclamation]️

いよいよ10月から消費税が10%になりますね〜[あせあせ(飛び散る汗)]
そこで、Re:Birth hair ではPayPayを始めました〜[exclamation]️
╰(*´︶`*)╯

10月から
PayPayされてるお客様は5%のポイント還元[exclamation]️
クレジットカード支払いのお客様も5%ポイント還元[exclamation]️
PayPayの支払いをクレジットカード支払いのお客様は10%のポイント還元になるので、PayPayクレジットカード支払いのお客様は来年の6月まで10%OFFになるって事ですね〜(*´Ι`)ノ´Ι`)ノ´Ι`)ノ♪

かなりお得になりますので、Re:Birth hairでお得に綺麗な髪になりましょう[表情(嬉しい)]






ヘアカラーの色落ちの原因

ヘアカラーの色落ちの原因



カラーはなんで色落ちするんでしょうか?
仕組みを理解する事で、ヘアカラーを長持ちさせられます!

【ヘアカラーの、仕組み!と色落ちの原因】

ヘアカラーは、髪の毛のキューティクルをヘアカラー剤で開き、その内部に色素を入れて発色させる事で髪色を変えてます!

その色素が、しっかりと髪の毛の内部に定着しないと髪色が落ちやすい状態になってしまいます!

ですので、髪の毛のダメージ状態で色落ちの速度は変わります!

ヘアカラーやブリーチを繰り返した髪の毛はキューティクルの損傷が激しくなるとキューティクルが閉じない為、色素定着が悪くなってしまいまい色落ちのが早くなってしまうのです!!

【紫外線にも注意】
紫外線が肌に良くないと言う事は一般的に知られたいる事ですが、実は髪の毛にもダメージを与える原因になります!

強い紫外線を受けると、髪の毛の内部を守るキューティクルが剥がれてしまいその隙間から紫外線が入ってきてしまいます!

髪の毛に紫外線が入ってしまうと内部のメラニン色素が破壊され減少してしまう事で色があせたり色落ちの原因になります!

紫外線から受ける髪の毛のダメージを守る為に適切なシャンプーを使用したり、アウトバストリートメント(流さないトリートメント)を使用して髪の毛のダメージを防ぎましょう!

【結果】
ヘアカラーの色落ちの1番の原因は・・・

髪の毛のダメージですね〜!!

ヘアカラーをしていく上でいかにダメージを出さないでカラーをするか!
生活の中でのダメージを出さないかで色持ちはかなり変わると言うことですね〜!

【アドバイス】

○ヘアカラーして2日間は湯洗ですすぐだけにする

○適切なシャンプートリートメントを使う!

○紫外線にも気をつけて髪の毛にもUVカットをする!

○髪の毛を大切に扱い、ダメージを回避する事で色持ちも良くなりツヤのある髪にしましょう!

以上、ヘアカラーの色落ちの原因とアドバイスでした!

次回はヘアカラーを長持ちさせる正しいシャンプーのやり方を説明していきたいと思います!



カラーを長持ちさせる方法!

カラーを長持ちさせる方法!

カラーを長持ちさせる方法はあるのか?

ヘアカラーが落ちやすい期間がある事をご存知でしたか?
この期間の洗髪に気をつけるだけで、ヘアカラーの持ちが変わってくるので是非お試し下さい!

ヘアカラー後2日間はお湯のみで湯洗して下さい!
髪を洗う時欠かせないシャンプーですが、実はヘアカラー後にシャンプーを使って洗髪するとカラーが落ちやすくなってしまいます!

泥汚れやワックス、ハードスプレーなどで無ければお湯でしっかり流せば汚れは取れます!

とにかく落ちやすいのはヘアカラー後2日間!
この時期はお湯で湯洗し、シャンプーは使わないようにする事でヘアカラーを長持ちさせる事ができます!



次回はヘアカラーの色落ちの原因について説明したいと思います!



>
>


インナーカラー

インナーカラー

インナーカラー

インナーカラー


秋のインナーカラー!

寒くなるとバッサリ切る方が多くなります!

アクセントとしてインナーカラーがおススメですね〜(*^^*)

鮮やかな色を出す場合はブリーチをしないと色が出ないのでブリーチが必要となります!

インナーカラーなのでブリーチしてからのオンカラーで時間は約2時間、値段は10,000円の消費税前後みていただければ大丈夫なのと、ご予算に合わせて施術させた頂きますのでご相談下さい!


髪質改善ケア!

髪の状態を良くするには、日頃のケアももちろん大切になって来ます!

※ブラッシング

頭皮には筋肉がありません、しかも心臓から1番高い位置にありますので血流が悪くなりがちです!ブラッシングをする事で頭皮の血流を良くして頭皮の毛細血管に血流が良くなるように無理矢理しないで痛気持ちいいくらいにブラッシングします!

注意点は静電気の立ちづらいブラシが好ましいです!
髪質改善ケア!

※シャンプー

実は、髪の毛のすすぎはとっても大切でしっかりと時間をかけてお湯で流す事で60%の汚れは落ちると言われています!
しっかり流した上でシャンプーをしていきます!
シャンプーのポイント!

2度洗いがおススメです!しっかり流した後に

1回目 ざっくりと髪の表面の汚れを落とします!
2回目しっかりと泡を立てて、頭皮をマッサージをするように指の腹で洗います!

シャンプーはアミノ酸系のシャンプーがおススメです!

注意点は爪を立てたりゴシゴシこすらないで洗いましょう!頭皮のダメージになります!



髪質改善ケア!

※トリートメント

トリートメントはシャンプーよりこだわって頂きたいですね〜!

安いシャンプーはシリコンが蓄積タイプが多いのでカラーの色が入らない、パーマがかからないなどの障害があるのでトリートメントは少し高くても良いトリートメントを使いましょう!

※タオルドライ

髪は濡れている時が1番のダメージを受けやすい時です!タオルで揉み込むように優しく水気を取りましょう!

注意点は濡れ髪の時は優しく扱いましょう!

※ドライヤー

髪の毛は、根元→中間→毛先の順に乾かしましょう!

アイロンやコテアイロンを使用する場合は熱から髪を守る流さないタイプのトリートメントをオススメします!

注意点は、上から下に乾かして下さい!イメージ的には洋服をクチャクチャのママ乾かしたら大変な事になるのと一緒です!髪も真っ直ぐ下に乾かす事で真っ直ぐな仕上がりになります!


と、このように日々のケアをする事で髪をしなやかな艶のある髪へと導きます(*^^*)


明日からレッツトライ!
髪質改善ケア!


美髪チャージとは!

今日は美髪チャージの説明をしたいと思います!


美髪チャージって効果あるの[?]

美髪チャージや髪質改善などと聞くと

「癖が真っ直ぐストレートな髪質に変わる」
「髪の毛の傷んでパサついた所が治る」

など、自分の悩んでいた髪の毛が髪質なら変わるイメージを持たれているのではないでしょうか?
ですが、それは大きな間違い!!
髪の毛は1度傷んでしまったら元通りに復活する事はありませんし生まれ持った髪質を変えることは出来ません!

また、手を施すほど髪の毛には負担がかかります。
つまり、一番良い状態の髪の毛は「生えたての何の手を施してない髪」の事なんです!


美髪チャージとは[!!]️
美髪チャージとは!
カラーやパーマで傷んだ髪の毛やくせ毛、年齢と共に細くなり絡まりやすくなった髪の毛などを「綺麗に見せ、扱いやすくする」のが「美髪チャージ」の本質なんです!

髪のオシャレを楽しむためにカラーやパーマ、縮毛矯正をする方がほとんどです!
当然髪の毛には負担がかかり傷んでしまいます。

そんな髪の毛を髪質が改善されたような質感になります!
髪の毛に必要な脂質、アミノ酸タンパク質を人工的に与え髪の毛に「潤い、しなやかさ」を与えツヤ感、手触り感の良さダメージの軽減させるのが美髪チャージです!


傷んだ髪に美髪チャージ

傷んだ髪に美髪チャージ

傷んだ髪に美髪チャージ



2ヶ月半ぶりの美髪チャージ!
前回施術した後皆さんに綺麗と言って頂いたみたいです!
綺麗をチャージして蘇りました!
癖も落ち着いていい感じです!

夏の紫外線などで傷んだ髪を綺麗にしませんか?


ノンアレルギーカラー

ノンアレルギーカラー

ノンアレルギーカラー

ノンアレルギーカラー


カラーにかぶれてしまうお客様です。
こちらのカラーにしてからは全くストレスがないので喜んでいただいてます。

最初は色落ちしますが、痒みののストレスに比べたら全然気にならないです!
色味も色々揃えてあります!

カラーに悩んでいる方是非ご相談ください(^^)


夏の美髪の色チャージ

夏の美髪の色チャージ

夏の美髪の色チャージ



梅雨が明けそうですね!
これからわ紫外線やプール!海!川!どれも髪が傷みますね(TT)
そんな時はサイエンスアクアの美髪チャージで潤いを取り戻しましょう!
しっとりまとまり艶が出ます!
まだ体験した事ない方はこの機会に是非お試しください(^^)


サイエンスアクア

サイエンスアクア

サイエンスアクア


サイエンスアクアリピートしていただいてるお客様です!
ストレートもかけてブリーチもしてる髪もツルツルに美髪チャージします!ホームケアもしっかりしているお客様です!
美髪チャージどんどん進化してます!
髪の状態に合わせて前処理後処理もしっかりします!
髪に悩みのある方は是非お待ちしてます。


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ